コラム

顎の骨が少ない方のためのインプラント手術

「大切な歯を失ってしまったが、インプラント手術を受ければ取り戻せると聞いた。しかし、実際に歯医者に相談すると”骨が少ないから”と断られてしまった」こんな経験はございませんか?

実は、これまでのインプラント手術は骨がしっかりしている方にしかできないものでしたが、最近では骨が少ない方でも手術できる方法があります。

今回は、骨が少ない方でも受けられるインプラント手術についてのお話しです。

骨が少ないと手術を受けられない理由

高度な技術や経験、関わった症例数が重要

インプラント手術の中でも、骨が少ないことでインプラント手術を断られてしまう理由は、リスクが高いことはもちろんのことですが、骨が少ない状態で手術を行うことが技術的に高度だからです。インプラント手術を行う医師が口腔外科に精通しており、少ない骨を増やす方法やインプラント体を扱ったことがあるかどうかなど、様々な経験や関わったケースの多さが重要と言えます。そのため、骨が少ない状態での手術が断られてしまうのです。

インプラントが支えられないことが多い

インプラント手術は、「インプラント体」を骨に埋め込む手術です。埋め込む骨がしっかりとしてないとインプラントが抜け落ちてしまう可能性があり、とても危険です。

時間と費用をかけて手術をしても抜け落ちてしまっては全く意味がないため、事前検査の段階で骨が少ないことがわかると、断られてしまうケースがあります。

骨造成によって骨を増やす方法

骨が少ないためにインプラントを受けられない方は、「骨造成」によって骨を増やすという方法があります。「骨造成」とは、骨が少ないところに人工骨や自分の骨を足して骨を増やすことであり、「GBR」や「サイナスリフト」「ソケットリフト」など様々な方法があります。

ここからは、骨造成の方法やメリットなどについて解説します。

GBR法

この方法は、骨造成で最も一般的と言えます。骨を増やす必要があるところに特殊な膜を使ってスペースを作り、できたスペースの中に人工骨などを入れて再生するまで待ちます。骨が新しく再生するため、歯肉も綺麗な形になることがメリットと言えるでしょう。

ソケットリフト法

ソケットリフトは上顎の骨の厚みや量が少ない時に行う手術で、歯の生えていた部分から少しずつ人工骨を入れ、空いているスペースを埋めていきます。治療範囲が狭いため、サイナスリフトよりも身体的な負担は少なく、腫れや痛みが出にくいことが特徴です。

サイナスリフト法

サイナスリフトは、ソケットリフトと同じように上顎の骨の厚みや量が足りない時に行います。目の下から鼻の横にかけてある「上顎洞」という空洞を利用して、上顎洞入口にある膜を剥がし、その空いたスペースを利用して骨を埋めていきます。広範囲で骨の量を増やすことができるというメリットがあります。

スプリットクレスト法

この方法は、骨の高さには問題ないものの骨の幅が足りない時に行います。痩せて細くなってしまった骨に特殊な器具で切り込みを入れ、骨を割らないように少しずつインプラント体が入る大きさまで骨を広げていき、最終的にインプラントと骨の間に人工骨を入れることで補います。

断られても諦めないで!

インプラント手術が不可能だと言われても、骨を補うことができればインプラントは可能です。通常のインプラント手術よりも時間はかかったり総合病院や大学病院、口腔外科専門医などで手術を受ける必要があることもありますが、どの病院でも患者さんの様子、体調などから最適な方法を提案してもらえますので、安心して相談してみてください。

くぼ歯科クリニックこども歯科クリニック

福岡県大野城市・春日市のくぼ歯科クリニックこども歯科クリニックでは「将来を見据えた歯科診療」に全力で取り組んでいます。
むし歯・歯周病の原因にアプローチし、私たちと一緒にご自身の歯を末永く保ち続けましょう。

■住所:〒816-0972 福岡県大野城市平野台1-17-8
■電話:092-596-3775
■URL:https://kuboshika-clinic.com/

大野城市・春日市以外にも筑紫野市・太宰府市・那珂川市からのご来院・ご相談も多数ございます。

前へ 一覧ページに戻る
top

close

漫画で解説 そけいヘルニア 動画はこちら
お電話 メール WEB LINE page top

0925963775

WEB予約

LINE