コラム

思いがけない口のトラブル!応急処置としてできることとは

歯が折れたり抜けたりした経験はありますか?ご自分が思わぬことをきっかけにして歯が折れたりかけたりするようなトラブルが起こることがあります。交通事故や転倒、スポーツによることも多々ありますが、歯が折れたりぐらついたり、抜けてしまった場合には焦ってパニックになってしまう方も多いのではないでしょうか?

今回は、怪我やトラブルが起きた場合の対処法についてです。

歯の外傷は主に2つ考えられる

歯の外傷は主に2つに分類することができます。

①破折(歯折)

いわゆる、歯が折れてしまう状態のことです。歯折は、「歯冠部(歯茎から出ている部分)が折れている場合」と「歯茎の下に隠れている部分が折れている場合」があり、どちらにしても次のような治療法がベースとなります。

治療法

破折の治療法は、欠けてしまったところを修復することです。ただし、損傷等がひどく固定できない場合や、破損が大きい場合には抜歯を行います。なお、損傷が「歯髄」というところに達している場合には冷たい水が滲みたり痛みが出ることがあるため、歯髄を除去することもあります。

②脱臼

脱臼している状態とは、歯根部あたりにある歯を支えている靭帯が傷ついている状態です。歯がぐらぐらしたり抜けてしまいます。なお、脱臼には「亜脱臼」と「完全脱臼」があります。

亜脱臼の治療

亜脱臼の場合は歯がぐらぐらしている状態ですが、歯槽部まで動きはありません。そのため、歯の位置がほとんどずれていないのであれば様子を見ることになります。ただし、歯のずれが大きい、噛み合わせがおかしい場合には正しい位置に固定する必要があります。

完全脱臼の治療について

完全脱臼については、歯が抜けてしまっているか抜けてしまいそうなくらいぐらぐらしている状態です。完全脱臼は、「永久歯」か「乳歯」かによって治療法が変わります。

【乳歯の場合】

歯が外側に倒れたり、下にある永久歯の成長を邪魔をするようにめり込んでしまっている場合には、固定もしくは抜歯を行います。ただし、真っ直ぐ下に潜り込んでいたり内側に倒れた場合には自然に出てくるケースが多いため、何もせずに様子観察することがほとんどです。

【永久歯の場合】

永久歯は新たに生えてくるということはありません。歯が浮いてしまう、もしくはめり込んでいる、位置が横にずれている場合には正しい位置に固定したり、抜けてしまった場合にはくっつくかどうかを試します。うまくくっついた場合には、1〜2ヶ月ほどすれば噛み合わせも戻るようになります。

応急処置について

では、実際に歯が抜けてしまった場合にはどういったことをすれば良いでしょうか。ご自身だけでなく周囲の方、お子さんなどにトラブルがあった場合でも対処できるように頭の中に入れておくと良いでしょう。

基本的に、次のような流れで処置を行うことが必要です。

①抜けた場合

歯が抜けた場合は、できるだけ口の中で保存します。戻せるならば、元の位置に戻しましょう。なお、歯が汚れてしまっても洗ってはいけません(汚れをとる、水洗いなど禁止)。

これは、歯の周囲にある歯根膜という繊維を損傷しないようにするためです。なお、どうしても歯を洗う必要がある場合には牛乳やコンタクトレンズの保存液などを使うようにして、間違っても水道水は使わないようにしてください。また、口の中で保存することができない場合には冷たい牛乳などに入れて歯科医院へ持っていってください。どうしても牛乳がない場合には食品用のラップでも問題ありません。よくありがちなのですが、ティッシュに包むことは避けてください。

②できるだけ早く歯科医院へ

折れた歯の保存は、牛乳で12時間、コンタクトレンズの保存液で48〜72時間と言われています。最も、折れたりトラブルが起こった時点ですぐに最寄もしくはかかりつけの歯科医院へ連絡していただき、すぐに受診するようにしてください。怪我をしてから病院での処置を受けるまでの時間は可能な限り短い方が良いでしょう。

③口の中は触らない

歯が欠けた部分は、怪我の具合によっては神経が出てしまっているなどして細菌感染を起こしやすいことがあります。そのため、手で触ったりガムで詰め物をする、自分で消毒することは絶対にしてはいけません。なお、歯茎などから出血している場合には圧迫止血を行い、出血している血は飲み込まずに吐き出すようにしてください。

治療法について

治療法等については、患者さんに合わせて最適なものを考えて実行します。基本的にはすぐに受診していただくことが大切ですが、来院前にはご一報入れていただき、怪我の状況や時間帯、詳しい内容などをお聞かせいただけると助かります。

可能な限り患者さんに寄り添ったケアを行いますので、しっかりと治していきましょう。

くぼ歯科クリニックこども歯科クリニック

福岡県大野城市・春日市のくぼ歯科クリニックこども歯科クリニックでは「将来を見据えた歯科診療」に全力で取り組んでいます。
むし歯・歯周病の原因にアプローチし、私たちと一緒にご自身の歯を末永く保ち続けましょう。

■住所:〒816-0972 福岡県大野城市平野台1-17-8
■電話:092-596-3775
■URL:https://kuboshika-clinic.com/

大野城市・春日市以外にも筑紫野市・太宰府市・那珂川市からのご来院・ご相談も多数ございます。

前へ 一覧ページに戻る
top

close

漫画で解説 そけいヘルニア 動画はこちら
お電話 メール WEB LINE page top

0925963775

WEB予約

LINE